食べチョク【令和2年7月豪雨】被災者支援プログラム

食べチョク【令和2年7月豪雨】被災者支援プログラム

キーワード:「食べチョク」「豪雨」「支援」

令和2年7月豪雨による被害

 令和2年7月8日未明。九州北部を中心に停滞した梅雨前線の影響により、激しい雨となりました。福岡県を流れる筑後川など大分県内で2河川が氾濫するなどし、久留米市や大分県日田市の市街地が広範囲で冠水するといった甚大な被害がでました。

 家屋の浸水被害は九州各県でこれまでに約1000棟が確認されており、農業や漁業にも爪痕を残しています。気象庁は、豪雨の中心は東に移り8日朝、岐阜、長野両県内に大雨特別警報を出しました。まだ気が抜けない状態です。

例)平成25年台風18号の大雨被害

https://www.maff.go.jp/j/saigai/typhoon/25-18.html

この時の農林水産の被害総額は660億円。

 今回の被害額も相当なものになると予想されています。九州農政局は、令和2年7月4日に九州農政局長を本部長とする「九州農政局災害対策本部」を設置しました。被災地の災害情報の収集に努めるとともに、農業関係の被害状況を確認し、状況に応じた対策を講じています。

▶︎ 被害状況調査(PDF : 718KB)

食べチョク豪雨支援プログラム

▶︎ 食べチョク公式HP

「令和2年7月豪雨被害 被災生産者支援プログラム」について

● 概要

令和2年7月豪雨の影響を大きく受けた一次産業者の被災生産者に向けた支援プログラム。自然災害の影響を大きく受けてしまう一次産業者の現実をご理解いただき、皆で支えていけるように食べチョクでは支援プログラムの開始を決定しました

● 支援プログラム詳細

(1)特集ページの開設
今回の豪雨により、何らかのサポートを必要としている方の商品をまとめるページを作成しています。災害の影響で生産者さんが登録できる仕組みですので、お困りの方は、連絡してみましょう。
 ▶︎特集ページ URL:こちら

(2)1注文あたり300円を生産者に寄付
この支援プログラムでの注文分に関して、1注文あたり300円を食べチョクから生産者に直接寄付します。新しい支援の形「食べて支援」を実現。※終了時期未定

(3)予約商品などの出品サポート
出すはずだった商品が出せなくなってしまったという生産者さんのために希望で予約商品の出品を代行するなど食べチョクスタッフが無償で全面サポートしてくれます。

どんな商品があるの?

▶︎ 対象の全ての商品を見る

鹿児島県 真栄ファーム

もも肉タタキ1㎏+さしみ醤油セットwith黒さつま鶏

▶︎ 商品ページはこちら

媛県 OrangeStoreニノミヤ

【予約販売特価10%OFF】夕やけみかん(5㎏)S~L玉

▶︎ 商品ページはこちら

本県 自然薯のくわはら

熊本マイルド(乾燥)にんにくL玉(直径6〜7cm)15個

▶︎ 商品ページはこちら

長崎県 雄昇水産

長崎県産養殖真鯛 1尾1.5キロサイズ 鱗と内臓処理済み

▶︎ 商品ページはこちら

コロナ感染対策カテゴリの最新記事